お花見のテーブル。

b0111874_1129941.jpg
昨年4月から参加していた「花とテーブル」のレッスンも、今回の「お花見のテーブル」が最後となりました。
b0111874_11573327.jpg
桜色のテーブルクロスにシルバーのプレゼンテーションプレートを配置。
若草色のナプキンとの組み合わせが優しく、春の訪れを感じます。
b0111874_1213986.jpg
RIEDELのグラスに水を注ぎ、桜、ストピーそしてリシアンサスをアレンジ。
小ぶりなお重にも桜の小枝やリシアンサスをアレンジして、お花見のテーブルが完成しました。
今回のレッスンの講師は鬼頭郁子先生
テーブルを作るうえで大切なこと、「五感に訴える」おもてなしを心がけるということ。
日本人は季節の行事を大切にしてきた文化があり、お祝いをする意味があります。

小さな頃、家族やお友達同士で祝った懐かしい思い出をテーブルで再現することで、お客様ひとりひとりの心に懐かしい記憶や香りが蘇り、心に染みるおもてなしが出来るとのお話には、テーブルコーディネートの奥深さを感じました。

レッスンは今回で終了してしまいましたが、日本ならではの歳時記の意味や大切さを感じながら、今後も生活していけたらと思っています。
とても楽しい1年でした。
有難うございました^^





b0111874_12454211.jpg

b0111874_1246841.jpg

b0111874_12451472.jpg

そして、お夕飯は京相模にて頂きました。
可愛らしいお雛様も登場しての懐石料理は、季節感が味わえます。
新潟の地酒もちょっとずつ頂いて、少しずつ、いろんな銘柄を楽しみました^^
と~っても楽しい会でした♪

ごちそうさまでした☆
[PR]
by elflower | 2010-03-04 12:52 |
<< 遊んでみました。 今年もコゲラ。 >>