塩沢・牧之通り。

b0111874_2273971.jpg
三国街道の宿場町として栄えた風景を再現した牧之通り。

風情ある街並みは、歩くだけでも楽しい。

この日は生憎の雨が降ったのですが、雁木と呼ばれる、雪国特有のアーケードのお陰で濡れることなく散策出来ました。

雁木は、雪国の生活に欠かせない大切なもの。

雁木のお陰で、雪が降っても歩道が確保され、日常生活を送ることができる優れものです。

牧之通りに軒を連ねるお店、郵便局もラーメン屋さんも、そして信用組合も・・・景観を統一した黒塀の中にあります。

入口の暖簾を確認しないと、何屋さんか分らないくらい見事☆

祝日もお店を開けて、観光でお見えになるお客さまにお茶を出したり、皆さんおもてなし上手。

ここで暮らす人々、そして商いを営む人々が、どれだけ塩沢・牧之通りに心を寄せて、大切にしてるのかが伝わり、温かい気持ちになりました。

いろんな町おこし、活性化が盛んな時代だけど・・・大切なのはやっぱり心。

町を大切に思う心、愛する心が活性化に繋がるんだと感じた一日でした。

塩沢の旅、まだしばらく続きます☆
[PR]
by elflower | 2011-10-18 22:19 | 日常
<< OHGIYA CAFE。 三国街道塩沢宿・牧之通り。 >>