アレンジを長く楽しみたい

b0111874_0102995.jpg
このアレンジメントは、今年1月に作ったものです。
多少の退色が進みましたが、まだまだ飾れます。
プリザーブドフラワーは、生花より長持ちするとはいえ、保管に注意しないと、せっかくのお花が台無しになります。
アメリカにおいては、湿度より乾燥に注意を払い、直射日光を避けて飾ればアレンジをより長く楽しむことが出来ます。
私は、洋服の衣替え同様にお花も季節ごとに入れ替えています。
しばらく飾ったら、大きめの箱にアレンジメントを乾燥剤と一緒に片付けて、新しいアレンジメントを作り直したり、しまっておいた古いアレンジメントを再び飾りなおしたり・・
こうすることで、少しでも長くお花を楽しめるように思います。

先日、日本から花材が到着したのですが、半分以上の花びらに湿度によるダメージがありました。(涙・・・)
花びらが半透明となり、濡れたようになっていました。
すぐに乾燥剤を入れて、風通しの良い場所にバラを移動・・・・あれから5日、本日確認したところバラは綺麗な状態に戻っていました。
素晴らしい!!!

最近は、グリーンの素材も増えて、アレンジメントの幅が広がりました。
お気に入りは、サンウィーンバインと呼ばれるグリーン。
花器ふちにさりげなく巻きつけたり、最後の仕上げに、ふんわりとまとわせるだけでも雰囲気が変わります。
写真のアレンジメントにも使っています。
[PR]
by elflower | 2007-07-17 11:22 |
<< 洗濯物とエルフの関係 新潟県中越沖地震 >>