迷子☆

b0111874_3373055.jpg
昨日の出来事。
迷子になっちゃいました~(涙)
友人の運転で、アナーバーの隣町へ遊びに行きました。
行きはよいよい、帰りは怖い♪ まさにそんな状態になってしまったのです。
またまた女子同士の悪い癖で、帰り道おしゃべりに夢中になり、途中左折するべきトコロ、真っ直ぐに行ってしまいました。
しばらくすると友人が「ここって、来た道と違うよね?」
「え?どこ??ここどこ?」ってことになり、とにかく冷静になることに。
太陽が西に傾いておりましたので、東方向へ向かえば、アナーバーへつくはず。。と頭で理解していても、見たことも聞いたこともないストリートが並びます。
大きい会社の駐車場を見つけ、出てきた若い男性に道を尋ねると、途中まで誘導してくれるとのこと。
「助かった~!」と喜びいさんで、彼の車を追跡すると、スピード早すぎ・・(見逃しかけ、ついに彼の車は見えなくなった)
気づくと、これまた全く知らない街・・ただし閑静な住宅地風だったので、車を止め、近所の人に尋ねることに。
すると、反対車線の車から女性が降りてきて「何かお困りですか?」と声を掛けてくれました。
道に迷ったことを話すと、帰り道順を紙に書いて渡してくれました(感激)
ところが、ここからまた地獄が待っていました。
なんと、彼女が説明してくれた道と、全く同じ名前の道が手前に出てきてしまい、真っ直ぐ行くのか?右折するのか迷ってしまったのです。
ここは走らずに、また人に尋ねることに。
ところが今度は住宅地でなく、見渡す限りトウモロコシ畑が並びます。
酪農家のお宅を見つけて、牛にまみれるお兄さんに声を掛けると、これまた笑顔で対応してくれました。
このまま真っ直ぐ行けば、アナーバー市内に通じる道と交差することを教えてくれたので、「これで帰れる~♪」、と、二人で大喜び!お礼を申し上げて、牛さん達に別れを告げ、いざ出発。
ほどなく見慣れた道が現われて、「着いたね~!」と歓喜の声をあげました。
気づくと夕方の6時半過ぎ。
あたりは、すこしずつ暗くなり始め、明るいうちに戻れたことを喜びあいまた。
今回は、本当に親切な人たちに恵まれ、私達はラッキーだったと思います。

また一つ、アメリカ生活の思い出が出来ました^^

皆様も良い週末を~♪
[PR]
by elflower | 2008-09-13 03:36 | 日常
<< 雨の週末。 楽しい美味しい時間♪ >>