タグ:スペイン ( 3 ) タグの人気記事

バルセロナの現代建築。

b0111874_10341340.jpg
クラシックな建物が多いバルセロナですが、2005年に完成したバルセロナ水道局のオフィスビルは、新しいランドマークとして知られています。
設計はフランス人の方だそうで、東京・汐留の電通本社ビルも担当された方らしい。。。

私達が宿泊したホテルは、この水道局の真横@@
到着してタクシーで連れてこられた時には、運転手の方に「君達のホテルはここだよ」と水道局を指差され@@ちょっと引いてしまいました(汗)
何故って・・・夜の水道局は、こんな風にライトアップされていたからです。

見る?


ちょっとびっくりしますよ(笑)


b0111874_10403058.jpg
う~ん、どうなんでしょ。
宿泊した部屋も、このビルが眺めることが出来る部屋でして(苦笑)
ライトアップを眺めて過ごす気分になれず・・・

もちろん遮光カーテンをしめて寝ました^^v

b0111874_10491126.jpg
そして、宿泊したホテルと日中の水道局の様子。。。
個人的にはライトアップされてない方が好みです^^;
宿泊はHotel DIAGONAL BARCELONA
洗練されたモダンなホテルでした。
デザイナーズホテルっていうのかな??
お部屋も広くて、アメニティも充実。
バスタブも日本人好みの深さ(というより私好みだね^^;)、可動式のシャワーも合格点。
地下鉄の駅、トラムの駅も至近距離、目の前には大きなモールもあって買い物にも便利な立地でした。

ただね・・・バスルームがガラス張り(滝汗)
ベッドルームから丸見えなんですよねぇ@@
堂々と公開出来る方同士の宿泊をお勧めします^^/

高い場所からバルセロナ市内を撮影すると、こちらの水道局が目立ちます。
写真は、サグラダ・ファミリア内から撮影した様子です。
b0111874_1121872.jpg

[PR]
by elflower | 2010-08-05 11:04 | 旅行

カタルーニャの聖地・モンセラット。

b0111874_1454975.jpg
バルセロナからの日帰り観光地として人気のモンセラット。
バルセロナから車で1時間くらいだったでしょうか・・・

奇怪なカタチをした岩山は「のこぎり山」と呼ばれているそうで、修道院の背後にも白い岩山を見ることが出来ました。
b0111874_14574113.jpg
大聖堂の正面入り口に施された12使徒の彫刻も見事@@
b0111874_1502946.jpg
大聖堂の見所は、12世紀にほら穴で見つかったといわれている「黒いマリア像」です。
願い事、奇跡を起こす(特に完治が難しいといわれている疾患などを持つ方)との評判から、世界中の方がマリア像を拝みに来るそうです。
この日もマリア像への道は大変な行列でした。
私は、家族とエルフの健康を願ってきました^^/
エルフの病気は完治しないけど、進行し続ける病なので・・・これ以上悪くならない様に祈ってきました☆
叶うといいな~。

大聖堂から出口までの道には、キャンドルの灯りが並んでいました。
願い事が叶い、お礼に訪れる方もいらっしゃるそうです。

私、信仰心が薄い方(困った時ばかりお願いするタイプです^^;)ですが、岩山に囲まれた美しいモンセラットの大聖堂では、少しばかり神妙な気持ちになりました。
奇跡を信じるってコトも、生きていくうえでは大切かもしれません。。。
[PR]
by elflower | 2010-08-03 15:21 | 旅行

サグラダ・ファミリア。

b0111874_15513517.jpg
バルセロナのシンボル、サグラダ・ファミリア。
ガウディが残した模型や設計図に従い、現在も建築が続けられています。
世界遺産に登録されたことから、入場者数が急増しはじめ、それに伴う入場料収益がUPしたことで2030年には工事が終了する見込みだそうです^^v
写真はガウディ存命中に完成することができた、生誕のファサード側から写したサグラダ・ファミリアです。
b0111874_1644621.jpg

b0111874_165193.jpg
キリスト誕生の喜びを表した見事な彫刻を眺めることが出来る、生誕のファサード。
内戦の影響で損傷を受けた作品は、日本人彫刻家・外尾悦郎氏によって見事に修復されたそうです。
外尾さんが修復された彫刻のお顔、どことなく日本人っぽい^^と言われているらしい^^;
確かに・・実際に見比べてみると、日本人に見えてくるので不思議です。
b0111874_16131315.jpg
一方、キリストの受難を表した受難のファサード側の彫刻は、とてもシンプル。
生誕のファサードに比べると、装飾が少ないのが一目で分かります。
数字が並べられた16枚のカード。
縦、横、斜め・・・数字を足していくと、全て33になります。
これはキリストが33歳で死んだことを意味するそうです。
聖堂内部は、森をイメージして作られているそうで、上にいくほど枝分かれしています。
優しい色で統一された聖堂に、天井から光が降りそそく光景は独特な空間を作り出していました。
b0111874_162134.jpg
受難のファサード側の鐘塔の間に、処刑され天に登ったキリストの姿が見えます。

ず~っと行きたくて、やっとやっと訪れることが出来たサグラダ・ファミリア。
その大きさと迫力、彫刻美に言葉も出ませんでした。
気が遠くなるような作業の連続、創り上げていく人間の逞しさ、そして、自分も歴史の一部を見ることが出来た感動に包まれた1日でした。

サグラダ・ファミリア、内部からエレベーターで昇ることが出来ます。
そこから見えるバルセロナ市内も見所の一つです。
降りる時は、螺旋階段(しかも狭い)を使って降りるのですが・・・さほど高所恐怖症でもない私ですが、ちょこっと気分が悪くなりました(滝汗)
暑かったことも原因かもしれませんけどね^^;
[PR]
by elflower | 2010-07-30 16:42 | 旅行